releases

The Stars Are Singing Too - 10 Year Anniversary Special 2001 - 2011

Build An Ark

"The Stars Are Singing Too - 10 Year Anniversary Special 2001 - 2011"

ビルド・アン・アーク

"ザ・スターズ・アー・シンギング・トゥー"

disques corde     

dccd-020

¥2,300 (inc.tax)    ※CD定価

2011.07.20 Release

SONGS

  1. Love (Miguel Atwood-Ferguson Solo Piano)
  2. Medley 1 (Dimlite Remix / Build An Ark Improvisation)
  3. The Yes Song (Build An Ark featuring Mia Doi Todd)
  4. Peace and LOVE! (Trevor's Mood)
  5. Sweet Thing (Take 2)
  6. Heal The Bay (Paul Livingstone Sitar Solo)
  7. Medley 2 (Love Themes)
  8. Medley 3 (Temple Jam / Turn On The Sunlight Remix)
  9. Love,Sweet Like Sugar Cane (DNTEL Remix)
  10. Alice's Chord (Yaakov Levy Solo Piano)
  11. Mother (Nate Morgan Solo Rhodes)

ARTIST INFO

Build An Ark

LINK

Disques Corde USA

MORE INFO

DOWNLOAD

cover art (300 dpi, 467KB)
cover art (72 dpi, 52KB)


世界が注目するスピリチャルでコズミックな音楽集団ビルド・アン・アーク、結成10周年記念アルバムリリース! リーダーのカルロス・ニーニョが、過去のライヴ・パフォーマンス、リハーサル、レコーディング・セッション、コラボレーションから未発表の貴重な音源のみを厳選した決定盤。日本オリジナル企画、世界配信作。 綿毛が青空に舞うような牧歌的清々さもあれば、自分自身がデジタルの迷宮に迷い込んでいくような刺激的な部分もあってアーティストの同一性に翻弄される。つまりそれこそがBuild An Arkの真骨頂なんだと思うな。――須永辰緒 沢山の音楽のアプローチがある現代で、様々な融合の形を聴く機会がありますが、僕が彼らの音楽から素直に感じたのは、アルバム収録曲がタイムレスでありながらも、ユニークさや新しい試みまでも、体に溶け込むほど自然体の音楽として時を刻んでいる作品である事です。参加しているアーティストやカルロスが、何かピュアな気持ちで音楽を楽しんでいるのが本当に伝わる素晴らしい作品ですね。――Kuniyuki ■ 昨年のTurn On The Sunlightでの来日も記憶に新しいカルロス・ニーニョ。LAの音楽シーンを牽引してきた彼のメイン・プロジェクがビルド・アン・アーク。LAのみならず日本でも多くの音楽ファンを魅了してきたジャズ・コレクティヴ。 ■ ネイト・モーガン、ドゥワイト・トリブル、フィル・ラネリン、ミゲル・アットウッド・ファーガソン、ミア・ドイ・トッド、ギャビー・ヘルナンデス、ディムライト、ポール・リヴィングストン、ターン・オン・ザ・サンライトなど数多くのミュージシャンをフィーチャーした『The Stars Are Singing Too』は、これまでのビルド・アン・アークの作品に勝るとも劣らないクォリティの作品であり、結成から現在までの全ての時代の楽曲が収録された唯一のアルバム! ■「本作は、ボーナス・トラックやアウトテイクを集めたコンピレーションではなく、ビルド・アン・アークの10年間の歴史を見渡すことのできるストーリーだ」(カルロス・ニーニョ) 「Medley 2 (Love Themes)」に登場するサン・ラの"Door Of The Cosmos" は、ビルド・アン・アークの最も初期のレコーディングの一つでもあり、彼らの最高のカバー曲の一つでもある。インストに美しくアレンジしたヴァン・モリソンの"Sweet Thing"の別テイクとミックスなど興味深い音源が目白押し。 ■ 内容としては、フル・アンサンブルのインプロヴィゼーション、ソロ曲、そして流麗なメドレー、Dntel(Sub Pop所属のシンセ・ポップ・スーパーグループ、ザ・ポスタル・サービスの片割れ)によるリミックスまでも収録されており、ビルド・アン・アークというコズミック・ファミリー・バンドの深みと幅の広さを物語る傑作に仕上がった。 ■ 本作はまた、カルロス・ニーニョのミックスCDのような、大きな一つの流れを創りだしている。カルロスが時間をかけ、丹念に曲と曲の繋がりを吟味し、アルバム全体として、ビルド・アン・アークの世界観を提示することに成功している。単なるアルバムではない、このミックス感覚も感じてもらいたい。 ■ カルロス自身は、現在カット・ケミストの新しいアルバムのプロデュースを担当中。また、Turn On The Sunlightの次作の録音も進んでいる。

In celebration of their 10 Year Anniversary, Build An Ark Founder / Producer Carlos Niño put together a special new release, comprised of over an hour of material, taken from Live Performances, Rehearsals, Recording Sessions, and Collaborations, most of which have never been released.
Featuring Nate Morgan, Dwight Trible, Phil Ranelin, Miguel Atwood-Ferguson, Mia Doi Todd, Gaby Hernandez, Dimlite, Paul Livingstone, Turn On The Sunlight, and more, THE STARS ARE SINGING TOO stands alongside Build An Ark's previous full-lengths and EPs with the unique distinction of being the only record that spans their whole existence! 
It's a 10 Year overview, that tells a story, not just a compilation of a bunch of bonus tracks, or outtakes. This record features a large excerpt of Sun Ra's "Door Of The Cosmos," one of Build An Ark's first recordings, and finest interpretations. It also includes an alternate take and mix of their beautiful instrumental tribute to Van Morrison's "Sweet Thing." (Sub Pop recording artist, and one half of synth-pop super group The Postal Service,) DNTEL turns in an incredibly soothing and vibrant remix of "Love, Sweet Like Sugar Cane."
Full ensemble improvisations, solos pieces and flowing medleys all find their way into this sequence that wonderfully represents the depth and scope that this Cosmic Family Band has channeled!

Release date: Jul. 20, 2011 (Japan) / Sep. 20, 2011 (Worldwide) 


TOP